犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

ビーグルの性格、寿命や飼い方etc

 

 

スヌーピーのモデルになった犬種のビーグル。

人懐こい性格で、他の犬とも仲良くできるフレンドリーな犬です。この記事では、ビーグルの性格や寿命、特徴や飼い方、かかりやすい病気まで紹介していきます。ビーグルの魅力を知ってみましょう。

 

ビーグルの性格

 

ビーグルは、獣猟犬ながら攻撃性も少なく、集団で行動していたため友好的です。また、やんちゃで活発。好奇心旺盛の甘えん坊です人とも上手く付き合えるし、他の犬とも仲良く遊ぶことができます。その昔、仲間の犬と連携して吠えながら獲物を追い詰めるという習性から来ているのでしょう。猟犬だったので家族にも愛情深く、飼い主さんとのそばにいることを好みます。なので、長時間の留守番は苦手です。

好奇心は旺盛で遊びは大好きです。好奇心から飼い主さんの指示を無視してしまうことがあります。噛み癖や無駄吠えは猟犬だった頃の名残もあり付きやすいので、幼い時から躾が必要です。ただ、賢い犬種なので時間はかかりますが、根気よくしつければ、しっかりと覚えてくれます。

 

ビーグルの寿命

 

ビーグルの平均寿命は12~15歳です。食べ過ぎる傾向があるので食事の管理や、運動量もある犬種なので満たしてあげられるように一緒に散歩や運動をして長く生きられるようにしていきましょう。

 

 

ビーグルの歴史

 

ビーグルは、スヌーピーのモデルとなったことで有名ですね。優れた嗅覚で獲物を追いかける猟犬でした。歴史は古く、古代ギリシャでウサギ狩りに用いられていたハウンドドッグの末裔と言われています。その後、ヨーロッパに渡りイギリスでビーグルの祖先はヘンリー7世やエリザベス1世の時代に品種改良が進みました。

エリザベス1世は、自分の所有していた小型の猟犬たちを「歌うビーグルたち」と呼んで、ジェームス1世は妻に送った手紙に「親愛なる小さなビーグルへ」という書き出しを綴ったそうです。ビーグルという名前の由来には諸説ありが、フランス語やケトル語で「小さい」という意味、またフランス語で「大声で鳴く」という意味からきたとされています。その後、1890年イギリスで犬種登録され現在に至ります。

 

ビーグルの特徴

 

日本のジャパンケンネルクラブでは、理想体高を33~40cmと定めています。アメリカでは15インチ(40cm以下)と13インチ(33cm以上)の2つのサイズに分けられています。体重は体高に応じた重量で9~11kgが理想です。

被毛のカラーは、「トライカラー」「レッド&ホワイト」「レモンカラー」などがあります。

 

ビーグルの飼い方

 

ビーグルは見た目よりも運動量の多い犬種です1日1時間以上の散歩をしてあげてください。食べ過ぎる傾向があるので食事の管理も注意が必要です。短毛種なのでお手入れは楽です。週に1度ブラッシングをしてあげましょう。

ビーグルは、もともと獲物を見つけたり、集団で吠えて獲物を追い込む仕事をしていましたので、体のわりに大きな声で吠えます。集合住宅などでは近隣トラブルにならないように躾が必要です。集中力があまりないため、躾は根気よく行いましょう。ただ、猟犬だったのでリーダーと認識すると、とても従順な犬です。

垂れ耳なので耳の掃除も定期的にニオイや耳垢などチェックして行ってください。

ビーグルは得意の嗅覚を働かせて、地面のニオイを嗅ぎ始めると、用心深く探索し、急に走り出すかもしれません。散歩中に何かを探すようにニオイを嗅ぎ始めたら、リードをしっかりと持って対処できるようにしておきましょう。

 

 

ビーグルのかかりやすい病気

 

・椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間でクッションの役割を担っている椎間板。その椎間板が損傷し、脊髄を圧迫して起きる疾患で発症すると痛みや麻痺により歩行が困難になります。後ろ足が立たない、跛行がみられるなどの症状がみられます。段差などは極力減らし、床には滑り止めの施されたマットやカーペットを敷くように心がけましょう。

 

ビリー
僕は、7歳の時にヘルニアになって手術をしたんだ。気をつけてね

椎間板ヘルニアの詳しくは、こちらをどうぞ

ダックスやコーギーが!椎間板ヘルニアとはーかかりやすい病気

    ダックスフントやコーギーのように胴長の犬種がかかりやすい椎間板ヘルニア。 我が家でも三匹のミニチュアダックスを飼ってきましたが、ビリーという男の子が5歳の時にヘルニアを発症 ...

続きを見る

 

・外耳炎

耳垢や細菌などにより発症する耳の病気です。垂れ耳のビーグルは定期的に耳の掃除をしてあげましょう。その時には耳の中を傷つけないように注意が必要ですのでお医者さんやトリマーさんに相談するのも良いでしょう。汚れ、臭いが強い、首をしきりに降る、耳を常に掻く症状がみられたら病院で診てもらいましょう。

・クッシング症候群

腎臓のそばにある副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンが過剰に出て、体に悪影響を及ぼす状態をクッシング症候群と言います。進行すると免疫力が低下し、膀胱炎や皮膚炎にかかりやすくなったり、糖尿病を併発したりします。

症状としては、・水をたくさん飲む・尿の量が増える・胴体の左右対称で毛が抜ける・毛艶が悪くなる・筋肉が萎縮する・お腹が膨れる・皮膚が黒ずむなど。

治療法は、原因が副腎にあるか脳下垂体にあるかで違ってきます。

脳下垂体にある場合は、腫瘍が小さければ投薬治療です。基本的に完治する病気ではないので、生涯に渡り薬を飲み続けなければいけません。腫瘍が大きい場合は、放射線治療や外科手術によっての摘出を行うこともあります。ただし、脳下垂体の手術は難しいため、受けられる病院は限られます。

副腎に腫瘍がある場合は、副腎摘出手術になります。他の臓器に転移している場合は、手術が出来ない場合もあります。

 

 

まとめ

狩猟犬として活躍していたビーグルは、獲物を長い時間追いかけられる体力をもっています。お迎えを検討される時は、散歩や遊びといった運動の時間を多く取り入れられるか考えてください。運動できないでストレスがたまると、見た目以上の大きな声で吠えたりします。

たくさん遊んであげてコミュニケーションをとり、主従関係を深められたら最高のパートナーとなることでしょう。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5