犬のサブスク

犬 Dog

2021/1/21

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/1/21

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

低刺低刺激・薬用シャンプー激・薬用シャンプー

犬 Dog

2020/9/23

皮膚が弱い犬のための低刺激・薬用シャンプー【オススメ5選】

以前、飼っていて亡くなったミニチュアダックスが皮膚が弱くて、お医者さんに薦められた犬用薬用シャンプー。症状は少しづつ改善して、薬用から一般的な市販されているシャンプーに変えることができました。 シャンプーと言っても一般的なものから、低刺激・薬用・オーガニックなど種類別や様々な用途のシャンプーがあります。 今回は、犬のシャンプーについて選び方やオススメをご紹介させていただきます。   目次犬の皮膚や毛質に合ったシャンプーシャンプーの選び方市販されている一般的なシャンプー低刺激シャンプー抗菌シャンプ ...

ReadMore

犬 Dog

2020/8/18

犬用オムツやマナーベルト【役割や使用方法】おすすめ商品

ドッグカフェやドッグランなど、愛犬を連れて外出する機会も多いと思います。 そんな外出時に困るのが、ワンちゃんのマーキングなどの行為(汗) そこで、犬用のオムツやマナーベルトについてご紹介させていただきます。   目次留守番中や外出時に着用させたいオムツやマナーベルト犬用オムツとはマナーベルトとは吸水パッド・マナーパッドとはマナーベルトを付ける主な場所マナーベルトやオムツを使用する際の注意点ワンちゃんのサイズに合ったものを着用させましょう慣れるまで練習をしましょう常に清潔を心がけましょうマナーベル ...

ReadMore

ワクチン・狂犬病予防

犬 Dog

犬には毎月与えるお薬があります。その他ワクチン紹介

 

 

大切なワンちゃんが健康で長生きしてもらうには日々の健康管理が大切です。

ワクチンや狂犬病の予防注射などは年に1回だけですが、毎月ノミダ二予防の薬や5月~12月までフィラリア予防のお薬代がかかります。ワンちゃんの体を守るためのお薬。それらを見ていきましょう。

 

ワクチン・狂犬病予防

 

 

フィラリアの薬

 

フィラリアは犬の心臓、肺動脈に寄生して心臓の機能を低下させ全身の血液循環や肺も悪くなり放っておくと死に至る恐ろしい病気です。犬だけでなく、猫や人にも感染することがあります。全国の地域差もありますが5月~12月までの月1回投薬が必要です。

予防策としては蚊に刺されないのがベストですがそれは無理な話なので予防薬を定期的に投与することが大事です。犬に寄生している幼虫が心臓や肺に行くまでに駆除する薬がフィラリアの予防薬です。

薬には〇内服薬(錠剤タイプ、チュアブルタイプ)、〇外用敵下剤(スポット剤)、〇注射薬とあります。うちの子は普通の錠剤タイプを出してもらっていますが、口から吐き出し飲み込まない子もいるのでスポット剤を使う方が良いかもしれませんね。注射薬は毎月ではなく1年の効果があるので病院での混雑緩和になりますね。

 

           

 

ノミ・ダ二の薬

 

ノミ、ダニは動物や人の皮膚から血を吸う寄生虫です。ノミは13℃より気温が低いと活動が弱まりますが、人が住む住宅は年中活発に活動しています。また、マダニも冬でも活動する種類もいますので一年中 予防が必要です。マダニは、人に伝染する「SFTS(重症熱症血小板減少症候群)」という重大な疾患を起こす危険性がありあます。ワンちゃん、飼い主さん両方の安全のために予防しましょう。

ノミ・ダニの薬には2つのタイプ〇内服薬(チュアブルタイプ)、〇外用敵下剤(スポット剤)があります。毎月決まった日に予防してください。

 

 

年に一度ワクチン接種

 

ワンちゃんには一年に一度、予防接種を受けなければなりません。それは、法令で義務付けられている狂犬病予防接種と任意で受ける、その他の感染症予防接種(混合ワクチン接種)です。

狂犬病予防接種

狂犬病予防接種は、発症すると治療法が無いので100%死に至ります。犬だけでなく猫や人にも感染します。自治体による集団接種の実施期間は、4~6月で地域によって日程は異なります。集団接種で受けない場合は、個々に動物病院で接種します。

集団接種の場合は3,000円前後で、動物病院の場合はそれぞれの病院で異なりますが、集団接種よりは割高になるようです。

その他の感染症予防接種(混合ワクチン接種)

飼い主さんの任意で受ける混合ワクチンですが、2種混合から8種混合まであり、複数の感染症に有効なワクチンを一度に接種します。我が家のワンちゃんは何種混合が良いのか分かりませんよね?どの犬種にはこのワクチンという犬種によって決まっているのではないので、飼育環境などを伝えて動物病院で相談して決めてください。

 

ワンちゃんの健康診断

 

私のワンちゃんたちが普段かかりつけているイオン動物病院では、ペットドックという犬の健康診断をおこなっています。コースは2種類あって、①基本ドックと②お手軽ドックがあります。

①の基本ドックの内容は、全身の健康状態を調べる基本プランで・全身検査・レントゲン・尿検査・便検査・血液検査・腎臓機能検査・エコー検査があり税抜き24,000円。

②のお手軽ドックは、・全身検査・レントゲン・尿検査・血液検査(簡易)・血液検査(簡易)があって税抜き14,000円。

ワンちゃんは1年で4~5歳、年を取るので普段から1年に1度はドックで検査してもらうのが望ましいですし、7歳を超えるとシニア犬になりますのでお勧めします。

普段の受診料やペットドックにもイオンペットポイントが付きます。病院の帰りにポイントを使って隣に併設しているイオンペットでポイントを おやつに変えて帰るのもイイですね!

 

動物病院

 

地域によっても違いますが、最近では24時間対応している動物病院は各地にあります。人と一緒でワンちゃん猫ちゃんは一般の動物病院が開院している時間に病気やケガをするとは限りません。近くに24時間対応の動物病院があれば良いですが…

私が住んでいる名古屋市には公益社団法人 名古屋市獣医師会がやっていらっしゃる「夜間動物緊急診療所」21:00~02:00まで診療しています。※来院する前に電話受付が必要で電話受付は01:30まで

緊急手術にも対応しているそうです。初診料として8,640円、その他治療費別途かかります。

ビリー
僕は、一度 夜中に目が開けられなくなって心配に思った お母さんがお父さんにお願いして、この夜間動物緊急診療所へ連れて行ってくれて診療を受けたよ!幸い大したことなくて結膜炎と診断され薬を塗布してもらって無事帰宅したんだ。

 

まとめ

 

命あるワンちゃんと共に暮らすためには、健康であることが前提です。そのためには、我が子を育てるのと同じで毎日のご飯代もそうですし、お薬代や病院代も必要です。毎月 投与や塗布しなければならない薬や年に1回のワクチン接種など飼い主さんの義務を果たして素晴らしいPET LIFEを過ごしましょう。

 

ワンちゃんと散歩を楽しむために こちらをどうぞ

愛犬と散歩
愛犬と楽しいお散歩、マナーや持ち物・グッズ【6選】

    ほとんどの犬は、大型・小型問わず運動やストレス発散のために散歩が必要です。愛する家族と散歩する時間は楽しく大切な時間ですね。 そんな楽しい時間をマナーを守って、もっと素晴ら ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5