犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

猫 Cat

ぬいぐるみの様なラグドール、性格や寿命は?かかりやすい病気まで

 

 

ラグドールは英語で『ぬいぐるみ』を意味します。大人しく、激しく動かず、抱かれると体を預けることから名づけられました。

フカフカな毛やブルーの瞳が特徴的なラグドール。この記事では、そんなラグドールの性格や寿命、飼い方、かかりやすい病気などをご紹介します。

 

 

ラグドールの性格

 

ラグドールは名前の由来、『ぬいぐるみ』通りに抱かれるのが大好きで、抱っこすると思い切り体を預けてきます穏やかで大人しく、人懐こい性格です。狩りをするといった本能を出すというよりは、人への関心の方が強く、常に人のそばに寄り添う感じの猫です。人間の子供や、他の動物とも上手く生活できるような猫種です。

大きな声で鳴くようなこともほとんどないので集合住宅でも飼いやすく、激しく運動することにも関心をしめしません。躾もしやすいので、猫ちゃんを飼う初心者には向いているようです。

 

ラグドールの寿命

 

ラグドールの平均寿命は14~16歳と言われています。比較的、猫の平均寿命と同じくらいです。一般的に猫は1年で成猫の体になりますが、ラグドールは成猫の体つきになるには、3~4年かかります

他の猫にも言えることですが、長生きしてもらうために普段からの食事の管理や運動、そしてストレスを溜めさせないことが一番です。

 

 

ラグドールの歴史

 

1690年代にアメリカ、カリフォルニアのブリーダー、アン・ベーカーが白いペルシャ猫とシールポイント(毛色の一種でフォーンの体でポイントに茶チョコレートが入っている)のバーマンを交配させました。その子猫に、毛色がセーブル(黒褐色・茶)のバーミーズを交配させ、ラグドールの基礎猫を作りました。

アンベーカーは、ラグドールの名前を商標登録し、猫の血統登録団体には登録しませんでした。自身で、IRCAという団体を設立しフランチャイズ契約を交わした契約者だけに猫を譲り渡し、「ラグドール」という名前を使っていい事にしていました。

しかし、1970年代に入りフランチャイズの仕組みに疑問を持ったデイトンという人がIRCA以外の団体を設立し、ラグドールの血統から「ラガマフィン」という猫種を生み出しました。その後、IRCAを脱退した人たちが猫の血統登録団体に登録をし、現在では主要な登録団体にラグドールは登録されています。

歴史を見ると、まだ歴史の浅い猫種ですね。

 

ラグドールの特徴

 

ラグドールの特徴と言えばフカフカの被毛と、瞳はサファイアブルーの長毛種です。オスは4.5~7.0kg、メスは4.0~6.0kg。成猫の体つきになるまでに3~4年かかります。体型はロング&サブスタンシャルタイプ(長く、がっしりした大型のボディタイプ)で、耳と耳は少し離れ気味で、大きめな頭にやや吊り上がった目、丸い頬をしています。体長と同じくらいの長さの尻尾も特徴的です。

初心者さんにおすすめ

  • 狩猟本能が低いため、家具や壁に爪を立てて引っ掻く事が少ない。
  • 先住のペットがいても上手に暮らしていける。

 

ロング&サブスタンシャルタイプの猫はノルウェージャンフォレットやメインクーンなどがいます。

生まれたばかりのラグドールは真っ白ですが、数週間経過すると徐々に色が出てきます。完全に色が出終わるのに2年近くかかる個体もいます。毛色は、大きく3つに分かれます。・カラーポイント、・ミテッド、・バイカラーの3種です。

・カラーポイントは顔、手足、尻尾などが濃い色が付いていることが特徴です。

 

 

・ミテッドは、ミテッドはカラーポイントと同じですが、足、胸の毛が白くなっていて お腹周りには模様が入っています。足は靴下を履いたように見えますね。

 

・バイカラー

耳と顔が濃い色で、Vの文字を逆にした柄が特徴です。

 

ラグドールの飼い方

 

ラグドールは長毛種ですので、1日1回はブラッシングしてあげてください。換毛期は毛がたくさん抜けますので、念入りにブラッシングしてください。

高所を好まないため、キャットタワーは低いもので良いでしょう。体が大きいので土台がしっかりしたものを選んでください。

大きくしかりとした体とキレイな被毛を作るためにも栄養のあるバランスの取れた食事を与えてください。太りやすいので食べたら、しっかりと運動をさせてください。

 

 

ラグドールのかかりやすい病気

 

・肥大性心筋症

肥大性心筋症は、心臓の筋肉が肥大してしまい全身への血流が悪くなってしまう病気です。

症状としては、初期段階で食欲が無くなったり元気がない、運動を嫌がるなど。進行すると肺に水が溜まり、呼吸困難を引き起こします。肥大性心筋症を発症すると血栓症になりやすく、後ろ足の麻痺などの症状が現れます。血栓症は、進行すると、心臓の血管に血栓が詰まって、ショック症状を引き起こすため危険です。

治療は、肥大性心筋症を完治させる治療法は、まだ ありませんので、進行し悪化させないように投薬治療となります。胸に水が溜まっている場合は、水を抜いたり、血栓ができている場合は、血栓を薬で溶かす治療を施します。

・球毛症

ラグドールは長毛種ですので、球毛症になりやすい猫種です。

毛球症は、毛づくろいをする際に飲み込んだ毛が少しづつ胃で毛の塊になります。ラグドールのような長毛種は、飲み込んだ毛が毛玉になりやすく毛球症になりやすいです。嘔吐などの軽度な症状であれば毛球除去剤を投薬し毛玉を溶かす治療が行われますが、頻繁な吐き気、食欲不振、下痢、元気がない、発熱などの症状があると腸閉塞や腹膜炎などを併発すると切開手術になりえません。開腹手術の場合は数日の入院となります。大切なのは、日々のこまめなブラッシングを心がけてください。

・尿結石

尿管、尿道、膀胱に結晶や結石ができる病気です。症状としてトイレに行っても尿が出ない、血尿が出る、排尿時に痛くて鳴くなどがみられます。普段の予防としては、マグネシウム、カルシウム、リンなどが多く含まれる食事を避けこれらのミネラル成分をセーブした食事に替えましょう。また、水分を十分に与えることも大切です。運動量がすくないラグドールは、適度な運動も必要です。

結石が小さいうちは薬で石を溶かし流しますが、大きくなっている場合は手術が必要になります。

 

 

まとめ

 

抱っこされるのが大好きなラグドール。体を預けてくるのは可愛いですよね。まさに、生きたぬいぐるみですよね。穏やかで人懐こい、躾もしやすく初心者にも向いているのは初めて猫を飼う方にも魅力的ですね。運動量も少なく、太りやすいので食事の管理には気をつけてください。

 

猫ちゃんを迎えるための準備はこちらをどうぞ

猫を迎える準備
猫を迎えるための準備【12アイテム】

    初めて猫を迎え入れるために必要な物をまとめてみました。楽しい猫ちゃんとの生活にお役立てください。   目次①猫を迎える準備 ◎キャリー②猫を迎える準備 ◎ベッド③ ...

続きを見る

 

 

-猫 Cat
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5