犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

コーギー

犬 Dog

ウェルシュ・コーギーの性格や寿命?【解説】

 

ダックスフンド同様に胴長短足の体型が特徴のコーギー。かつては牧羊犬として活躍していました。ウェルシュコーギーには2つの種類があります。では、その種類の違いや性格や寿命を見てみましょう。

 

ウェルシュ・コーギーの性格

 

とても活発で運動が大好きです。牧羊犬だったので賢く飼い主さんをよく観察しています。ただ、昔の名残で羊を追い込むために大きな声で吠えていたので吠えグセもつきやすく幼犬からの躾が肝心です。出来たら褒めて、悪いことをしたら反応しないようにしましょう。また、羊や牛のかかとを噛んで群れを統制していたため噛みグセにも注意が必要です。

飼い主さんにはとても忠実で飼い主さんにもよく懐きますので飼いやすい犬種とも言えます。

 

ウェルシュ・コーギーの寿命

 

ウェルシュ・コーギーの寿命は12〜14歳。長生きしてもらうために かかりやすい病気にも気をつけて普段からの健康チェックをしてあげましょう。

 

 

ウエルシュ・コーギーの歴史

 

「コーギー」という名は、原産地のイギリスはウェールズ州のウェールズ語で「犬」という意味です。

ウェルシュ・コーギーには「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」と「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」の2つの種類があり、同じイギリスのウェールズ州原産で容姿も似ているので混同されますが、それぞれ独自に開発された犬種です。1935年にアメリカのケンネルクラブは別々の犬種に分類しました。

1936年、イギリスの国王ジョージ6世が王女にペンブロークをプレゼントしたことで世界的に有名になりました。それ以来、エリザベス女王はコーギーを長年 飼い続けています。日本で飼われている多くはペンブロークです。

 

ウエルシュ・コーギーの特徴

 

体重は10〜12kg。体高は25〜30cm

被毛は直毛で硬く、粗いのが特徴。毛色について、ペンブロークはセーブル、フォーン、ブラック・アンド・タンに限ります。白地はあってもなくてもかまいません。 カーディガンでは、色はどのような色でも認められますが、白の多いことは認められません。

ビリー
僕たちと同じで胴長短足のコーギーちゃんたち。尻尾を切る風習があるって知ってた?
あっ、そういえば近所のコーギーちゃんも尻尾が短かったな!
キース

参考

ペンブロークの多くが昔の牧羊犬の風習で幼い時に尻尾を切るようです。日本では断尾を禁止されてはいません。ただ、欧州などでは禁止されている国もでてきています。

ウエルシュ・コーギーの飼い方

 

下毛のあるダブルコートなので抜け毛が多くブラッシングは、週に2〜3回程度は行ってください。

攻撃的な面は少ない犬種ですが、運動量が少なかったりしてストレスが多くなると攻撃的になります。とても賢いウェルシュコーギーは一度教わった事に対して自分で判断する能力に長けています。

ガッチリした筋肉質で競技でも活躍するほどですので運動量が必要です。朝晩1時間程度の散歩をしてあげましょう。好奇心旺盛なので室内での遊びも多く取り入れてあげてください。

頭の良いコーギーですので吠えグセ、噛みグセがつかないように子供の頃から、ちゃんと躾をしていきましょう。

 

 

ウエルシュ・コーギーのかかりやすい病気

 

・椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間でクッションの役割を担っている椎間板。その椎間板が損傷し、脊髄を圧迫して起きる疾患で発症すると痛みや麻痺により歩行が困難になります。後ろ足が立たない、跛行がみられるなどの症状がみられます。段差などは極力減らし、床には滑り止めの施されたマットやカーペットを敷くように心がけましょう。

ビリー
僕もヘルニアの手術をしたけど お金もかかるし入院も長かったし飼い主さんは注意してあげてね。
・変性性脊髄症(DM)

遺伝子の変性によるもので、体内で発生した活性酸素などのストレスを除去するタンパク質に異常が起きることが関係しているといわれています。後ろ足をすり足のように歩いたり、後ろ足の交差など症状が現れ進行すると前足にも症状が現れ動かなくなります。歩き方が少しおかしいな?と感じたら早めに受診しましょう。

予防することが難しい病気です。現時点では、有効な治療法が確立されていませんが、症状の似ている神経疾患等を除外するために検査をおこない、対処することが大事になります。椎間板ヘルニアなどの神経疾患では運動は症状を悪くしてしまうのですが、変性性脊髄症は、動ける状態ではリハビリさせることが推奨されています。補助的な治療で、サプリメントやビタミン剤を投与することもあります。

・股関節形成不全

股関節が発育途中で形態的な形成的な異常を起こす病気です。生後4~12ヶ月頃に発症しやすいのですが、2~3歳頃になって症状が現れることもあるので日ごろから観察しましょう。散歩や運動を嫌がったり、横座りをする、フラフラ歩いたり、腰を振って歩いたり、途中で座り込んだりの症状が見られたら早めに受診しましょう。

治療法としては、内科的治療と外科的治療があります。内科的治療は、消炎鎮痛剤やレーザー治療で痛みを和らげ、安静にしている間に体重を適正になるまで減らしていきます。外科的には、「骨盤 3 点骨切り術」「股関節全置換術」「大腿骨頭切除術」などがあります。犬の年齢や、症状、関節の状態などを考慮し、方法は異なります。

・フォンビレブランド病

止血異常を起こす遺伝子疾患で、手術中や外傷を負った時などに血が止まらなくなります。出血が予想される手術や検査前には輸血を予めしておく必要があります。症状により、タイプ1~3に分かれます。

タイプ1は、フォンビルブランド因子の量的な低下が原因で止血異常を起こします。

タイプ2は、フォンビレブランド因子の質的な異常が原因

タイプ3は、フォンビレブランド因子が完全に欠損することが原因

遺伝性の疾患なので、予防対策としてフォンビレブランド病の犬を繁殖に使わないことが重要です。過剰に出血が起こった場合は輸血をおこないます。

治療は、タイプ1と2はホルモン剤を使用し、血管に貯まったフォンビレブランド因子を一時的に放出させるのに有効です。ただし、タイプ3に関しては効果がありません。

 

 

まとめ

牧羊犬として活躍していたコーギー。また、エリザベス女王にも寵愛されるほどイギリスでは愛され、日本でもコーギーのファンが多く飼いやすい犬種とも言えます。

ただ、どの犬種でもそうですが甘やかしすぎて育てると手に負えなくなるので小さな時から躾は正しく行い良い信頼関係を構築して楽しいペットライフを楽しみましょう。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5