犬のサブスク

犬 Dog

2021/1/21

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/1/21

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

低刺低刺激・薬用シャンプー激・薬用シャンプー

犬 Dog

2020/9/23

皮膚が弱い犬のための低刺激・薬用シャンプー【オススメ5選】

以前、飼っていて亡くなったミニチュアダックスが皮膚が弱くて、お医者さんに薦められた犬用薬用シャンプー。症状は少しづつ改善して、薬用から一般的な市販されているシャンプーに変えることができました。 シャンプーと言っても一般的なものから、低刺激・薬用・オーガニックなど種類別や様々な用途のシャンプーがあります。 今回は、犬のシャンプーについて選び方やオススメをご紹介させていただきます。   目次犬の皮膚や毛質に合ったシャンプーシャンプーの選び方市販されている一般的なシャンプー低刺激シャンプー抗菌シャンプ ...

ReadMore

犬 Dog

2020/8/18

犬用オムツやマナーベルト【役割や使用方法】おすすめ商品

ドッグカフェやドッグランなど、愛犬を連れて外出する機会も多いと思います。 そんな外出時に困るのが、ワンちゃんのマーキングなどの行為(汗) そこで、犬用のオムツやマナーベルトについてご紹介させていただきます。   目次留守番中や外出時に着用させたいオムツやマナーベルト犬用オムツとはマナーベルトとは吸水パッド・マナーパッドとはマナーベルトを付ける主な場所マナーベルトやオムツを使用する際の注意点ワンちゃんのサイズに合ったものを着用させましょう慣れるまで練習をしましょう常に清潔を心がけましょうマナーベル ...

ReadMore

犬 Dog

賢いジャックラッセルテリアの性格や寿命

 

1800年代、イギリスのジャックラッセルテリア牧師がキツネ狩りのために譲り受けて、地中に潜り込める小さな犬をビーグルやボーダーテリア、ブルテリアなどを交配させ、作り出したのがジャックラッセルテリアの始まりです。

では、ジャックラッセルテリアの性格や寿命、特徴や気をつけたい病気などを見ていきましょう。

 

ジャックラッセルテリアの性格

 

ジャックラッセルテリアは、強いテリア気質を持つ犬種です。自分よりも大きな犬にも堂々と立ち向かう程の勇敢さや知能の高さも特徴的です。元気で小さい体から想像できない程の体力の持ち主で、外で たくさん愛犬と遊んであげられる飼い主さんに向いています。飼い主さん以外の人に従うことのない犬種です。

キツネ狩りをしていた頃の本能は健在で、好奇心が強く、小動物や動くものに反応してしまう傾向があります。子供や他の犬を追いかけて道路に飛び出したりするので、「まて!」と呼び戻す訓練をしてあげましょう。猟犬だった故に吠えて飼い主さんに知らせることがあるので吠え癖にも、ちゃんと躾が必要です。初心者には躾が難しい犬種です。

 

ジャックラッセルテリアの寿命

 

ジャックラッセルテリアの平均寿命は、13~16歳です。最近では16歳以上、長生きする個体も増えてきて平均寿命が長い犬種でも3位に入っています。日ごろからの体調管理をおこない長生きしてもらいましょう。

 

 

ジャックラッセルテリアの歴史

 

先にも述べましたが、1800年代、イギリスの牧師さんによってキツネ狩りのために作られたジャックラッセルテリアの原種。その後、オーストラリアに渡り、家庭でも飼いやすいようにウエルシュ・コーギーと交配を行い、短脚で温厚になったのが現在のジャックラッセルテリアです。

ジャックラッセルテリアと非常に近い犬種に、パーソンラッセルテリアがいます。もとは同じ犬種で、毛色の違いやサイズの違いが犬種を分ける基準です。

 

ジャックラッセルテリアの特徴

 

体高は25~30cm。体重は体高5cmに対して1kg。体高25cmの場合は5kg、体高30cmの場合は6kg

毛質は荒く硬い。長さ1cm以下の「スムースコート」、長い毛と短い毛が生えている「ブロークンコート」、2.5~5cm程度の「ラフコート」の3種類に分かれます。毛色はブラック&ホワイト、タン&ホワイト、ブラック&タン&ホワイト。白が多いほど良いとされます。

 

ジャックラッセルテリアの飼い方

 

ジャックラッセルテリアは小型犬ですが、大型犬並みの運動量が必要です。毎日1時間以上の散歩や、好奇心・知性を満たすためにゲームのようなスポーツも取り入れるようにしましょう。そうして飼い主さんとの上下関係を養っていきましょう。甘やかして育てると、成犬になって抑えの利かない、手の付けらない子になります。

注意ポイント

ジャックラッセルテリアは、獲物を追い詰めて吠え続ける仕事をしてきた猟犬です。通常、必要以外は吠えることはないのですが訓練・しつけをしないと無駄吠えが多くなります。体は小さくても吠える時の声は大きいので近隣住民とトラブルの原因になりかねません。ただ、指示に従うという本能も持っていますので子犬の時期からしっかりと吠えることをやめさせる指示していきましょう。

ジャックラッセルテリアは、猟犬だったため、他の猫、ウサギやハムスターなどの小動物などと一緒に飼うのは困難です。

短毛のスムースコートは抜け毛が多いのでブラッシングはこまめに行いましょう。ブロークンコートとラフコートは比較的抜け毛は少ないのですが、毛玉ができやすいのでブラッシングは必要です。

 

 

ジャックラッセルテリアのかかりやすい病気

 

・大腿骨頭壊死症(レッグぺルテス)

虚血性大腿骨頭壊死とも言い、股関節に異常をきたす病気です。大腿骨が成長期に関節周辺に炎症が起こり大腿骨頭への血液供給が悪くなり壊死してしまう病気です。跛行の症状がみられ、1歳未満で発症することが多いです。

原因が不明の為、予防は難しい病気です。軽度の場合は、内科的治療をおこないます。鎮痛剤の投与や、レーザー治療で痛みを抑えて管理します。改善が無い場合や、進行して悪化している場合は外科的治療になり、大腿骨頭の切除手術をおこないます。

・糖尿病

遺伝的要因で糖尿病になりやすい犬種です。多飲多尿の症状が見られたり、食事量は変わらないのに痩せていく場合には受診をしましょう。

・膝蓋骨脱臼

小型犬に多くみられるのが膝の骨のお皿が右ないしは左に外れてしまう膝蓋骨脱臼。片足を不自然に上げていたり動く際にキャンと鳴くような時は診察を受けましょう。

予防としては、足腰に負担がかからないように、肥満防止の食事管理や、滑らないようカーペットを敷いたり対策が必要です。

治療は、内科的治療として内服薬・サプリメントの投薬。レーザー治療を行う病院もあります。外科的治療は、手術となります。進行の程度や年齢など考慮して判断されます。

・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

副腎にかかわる内分泌由来の疾患が好発するとされています。多飲多尿の症状があり、脱毛や肥満、元気がなくなるというものです。原因がないのに元気がない場合は早めに受診し血液検査を受けましょう。

残念ながら、予防法はありません。治療は内科治療で副腎皮質ホルモンの産生を抑える薬を投与します。薬自体は高額なため、どこの動物病院でも扱いがあるわけではありません。外科的手術では、副腎を摘出します。

 

 

まとめ

ジャックラッセルテリアは、小さく可愛い見た目とは大きなギャップがあり、運動量がある犬種です。毎日1時間以上の散歩する時間を確保しましょう。遊びに熱中しすぎて思いもよらない行動に出る時もあるのでドッグランなどで他の犬と遊んでいる時なども注意が必要です。

頑固な一面もあり、嫌だと思うと受け入れなくなるので子犬の頃から体の何処を触られても大丈夫なように慣らしておく必要があります。

非常に頭が良いので、一度 飼い主さんをリーダーと認識すれば、とても従順ですので良いパートナーとして暮らしていけるでしょう。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5