犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

人気の高い【ゴールデンレトリバー】性格や寿命etc

 

 

イギリス原産のゴールデンレトリバー。災害救助犬などでも活躍している穏やかな賢い犬種ですね。

大型犬の中で人気ランキングに常にランクインしているゴールデンレトリバー。この記事では、性格や寿命、飼い方や かかりやすい病気をご紹介していきます。

 

ゴールデンレトリバーの性格

 

ゴールデンレトリバーは、たいへん賢く穏やかな性格です。人にも犬にもフレンドリーです。洞察力があり、飼い主さんの気持ちを汲み取り、行動する犬種です。そのため、盲導犬などの介助犬や災害救助犬、警察犬などとして様々な場面で活躍してきています。

水銃猟で猟師が撃った獲物を陸地へ持ち帰る犬として活躍していました。レトリバーとは持ち帰るという意味です。そのため、水遊びも大好きです。興奮してはしゃぎ過ぎる面もありますが、幼い頃から躾ければ飼い主さんの言うことを、よくきく子になるでしょう。

基本的に攻撃性の少ない犬なので、どんな人にも友好的に接することができ知らない人や犬に威嚇をすることもありません。

家族には大変に愛情深く人と一緒にいることに幸せを感じます。なので、留守番は少し苦手で淋しがり屋です。

 

ゴールデンレトリバーの寿命

 

ゴールデンレトリバーの寿命は平均で10~12歳といわれています。ちなみに、大型犬の平均寿命は14.02歳とされています。

どの犬種も言えますが、長生きしてもらうためにはストレスを与えず、体重管理・健康管理に留意しましょう。

 

 

ゴールデンレトリバーの歴史

 

19世紀の半ばにスコットランドのツゥイードマス卿が小型のニューファンドランドとツゥイード・ウォーター・スパニエルを交配させた基礎犬が起源とされています。その後、アイリッシユ・セッターなど数種の犬種と交配させ、狩猟能力が優れ、穏和で忠実なゴールデンレトリバーが誕生しました。

1956年、イギリスケンネルクラブでは、それまでゴールデンレトリバーまたはイエローレトリバーと呼ばれていましたが、ゴールデンレトリバーと統一されました。

1932年に アメリカのケンネルクラブに公認されたゴールデンレトリバーは、1950年代に全米で最も人気のある犬種となりました。その後、日本でも1990年代にブームとなりました。

 

ゴールデンレトリバーの特徴

 

被毛は長毛で、オーバーコートは少しウェーブがかかっています。水j銃猟をしていた犬種ですので、アンダーコートは密生して防水性が高くなっています。

毛色はゴールドまたはクリーム。

均整の取れた体つきで、オスの体高は58~61cm体重は29~34kg。メスの体高は54~57cm、体重は24~29kg

大きめの頭部、垂れ耳、アーモンド形の目が特徴的です。

 

ゴールデンレトリバーの飼い方

 

大型犬で体力のあるゴールデンレトリバーは、朝晩1日2回の散歩は必要です。若く元気なうちは、1時間以上が理想です。部屋の中でもボールやオモチャで、たくさん遊んであげてください。

大型犬なので力が強いため、散歩中でもリードを引っ張られるので、思わぬ事故に繋がりかねません。きちんと躾をしましょう。賢い犬ですので幼い子犬の頃から、躾けましょう。無駄吠え、噛みつきはしにくい犬種ですが、甘やかすだけではワガママな犬に育ちます。

毛の手入れは難しい犬種ではありません。週に数回のブラッシングをしてあげてください。換毛期は抜け毛が多くなりますので、毎日ブラッシングした方が良いでしょう。

ゴールデンレトリバーは、ダブルコートの犬種ですので寒さには強いのですが、暑さには弱いので湿度の高い日本の夏は熱中症など注意が必要です。屋外で飼うには向かないので室内で飼うことをお勧めします。

食欲は旺盛なので決められた給餌量を与えましょう。また、運動不足、食べ過ぎによる肥満になりやすく生活習慣病も増えています。健康管理の為、運動量を考慮した散歩、遊びをしてください。

 

 

ゴールデンレトリバーのかかりやすい病気

 

・股関節形成不全

歩行時に ふらついたり、座り方がおかしいとい症状がみられます。遺伝的要素や偏った栄養、また運動も原因とされます。大腿骨を受け止める くぼみが浅かったり、通常は丸い大腿骨の先が変形したりして上手く関節が噛み合わず歩行の異常として症状が出ます。

治療法としては、内科的治療と外科的治療があります。内科的治療は、消炎鎮痛剤やレーザー治療で痛みを和らげ、安静にしている間に体重を適正になるまで減らしていきます。外科的には、「骨盤 3 点骨切り術」「股関節全置換術」「大腿骨頭切除術」などがあります。犬の年齢や、症状、関節の状態などを考慮し、方法は異なります。

・悪性リンパ腫

リンパ球という細胞が増殖し悪性腫瘍(がん)となったのがリンパ腫です。犬の場合の多くは体のリンパ筋が腫れてきます。

腫瘍の発生部位によって変わりますが、消化器系は下痢や嘔吐、食欲不振。骨髄などの箇所では貧血、血中に腫瘍細胞が見つかる。胸部付近では呼吸の異常などの症状がみられます。

治療法としては、抗がん剤を投与する科学療法治療となります。シニア期を迎えたら定期健康診断をしましょう。

・胃拡張、胃捻転

胃が拡張して、ねじれを起こし疾患です。フードや水などの液体、ガスなどを急速に摂取して溜めることにより胃拡張を起こし胃捻転を起こします。一気に食事を済ませてしまうことで胃拡張が起きやすいのでフードの与え方には注意が必要です。また、食後すぐの運動は胃拡張を誘発します。

大型で胸の深い、グレートテンやジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー、ドーベルマン、ボクサーなどが多く発症します。

完全に予防することは難しいですが、食事を1日2〜3回に分けて与えたり、1度に大量の食事を与えないなど管理するのが重要です。

・外耳炎

症状は、耳が臭う、赤くただれる、耳を振ったり耳を痒がり掻く仕草をします。

原因として挙げられるのはアレルギー、異物混入、ダニ、水などが入るなど。垂れ耳の犬種はかかりやすいようです。外耳炎は慢性化しやすく治りにくいので治療には長期間かかる場合が多いです。

治療は消炎剤や、かゆみ止め。感染に対する治療薬の投与があります。

ビリー
僕も垂れ耳で耳が臭ったり、汚れるので飼い主のグッチーさんが定期的に掃除してくれるよ。肢で耳を掻く仕草をしたら注意してね!
・甲状腺機能低下症

甲状腺の萎縮や破壊、腫瘍などが原因とされています。症状としては元気がなくなる、散歩や運動を嫌がる、震える、脱毛、皮膚が乾燥し黒ずむなど。

予防法はありません。定期的な健康診断で早期発見・早期治療を心がけましょう。治療は、根本的に完治さできる治療はありませんが、甲状腺ホルモンを投与することになります。これにより、症状の改善が期待できます。投薬を中断すると、甲状腺機能低下に戻ってしまいますので、生涯にわたり投薬が必要となります。

 

 

まとめ

ゴールデンレトリバーの性格や寿命などを、一通り見てきました。

多くの犬の中でもゴールデンレトリバーは、人の為に行動し、人に寄り添う犬種でしたね。こんなにも人に献身的な犬も他にいないと言えるほどの愛情を家族に示してくれることでしょう。

ただ、やはり可愛いからと言って子犬のうちに甘やかして育てると後々、飼い主さん自身が困ります。凄く頭が良いので子犬の頃からしっかりと躾けることが重要です。

 

犬を迎える準備はこちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5