犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

愛嬌ある顔が特徴の『パグ』性格や寿命を知ろう

 

ブサカワな顔のパグ。そんな愛嬌たっぷりなパグの性格などを知って愛犬として迎える犬種の候補にしましょう。初心者でも飼いやすく人気があります。そんな子の性格や寿命、かかりやすい病気など見ていきましょう。

 

 

パグの性格

 

陽気で人懐こく遊び好きです。無駄吠えが少ないのでマンションなどでの飼育も向いています。フレンドリーな性格ですが頑固でマイペースな面も持っているので厳しすぎず粘り強く何度も繰り返し教えてあげましょう。穏やかで攻撃性も少なく世話好きなため小さな子供のいる家庭でも飼われています。

極端に淋しがり屋ではないので 留守番も大丈夫です。ただ、人懐こいので番犬には あまり向きません。独立心があるため自分の意思を通そうとします。食事にも執着が強く好きな物ばかり与えると普段のドッグフードを食べなくなり偏食がちになります。

サービス精神旺盛なパグは飼い主さんを喜ばせることが大好きなので明るく楽しい時間をたくさん作れるでしょう。

 

パグの寿命

 

寿命は小型犬としては平均的な12~15年といわれています。

病気の項目にも記してありますが、壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)には注意が必要です。発症から数日で死に至ることがある怖い病気です。一生を通して健康管理は大切ですが老いてくると免疫力も低下し体力も落ちるので食事の量などを管理し運動などにも気をつかいましょう。

 

 

パグの歴史

 

パグは古い歴史をもつ一種で、祖先は紀元前2000年前の古代アジアにいたとされ、もとはチベットの寺院で飼育されていたとされチベタンスパニエルとペキニーズを交配して小型化されたそうです。

その後、中国にわたり紀元前400年頃に王室で魔除けとして大切に飼われたとされ美術品などにも登場します。

そして、東インド会社によってヨーロッパに渡り貴族の間で広まりナポレオン皇帝の妻・ジョセフィーヌ、イギリスのウイリアム3世、ロシアのエカテリーナ2世などもパグを飼っていたことで知られています。日本には16世紀ごろに伝えられたとされています。

 

パグの特徴

 

ジャパンケンネルクラブ(JKC)では理想の体重が6.3~8.1kgとされています。パグはスクエアな体躯とガッチリした筋肉質です。耳は前に垂れたボタン耳、短く巻いたローズ耳とあります。尻尾は固く巻いてるのが良いとされます。鼻が短いためイビキをかく個体がいるようです。

被毛はブラック、シルバー、アプリコット、フォーンの4色。フォーンは金色がかった毛色でブラック以外は鼻、顔、耳、頬、前頭部に黒が入る個体が多いようです。トリミングの必要はないのですがダブルコートなのでブラッシングは こまめに行いましょう。顔のシワや耳に汚れが溜まりやすいので臭くならないようにタオルなどで拭いてあげることをお勧めします。

 

パグの飼い方

 

パグは活発ではないので太りやすいため1日2回の散歩や部屋で十分に遊んであげてくいださい。暑さには弱いので熱中症にならないようにし冬場も短毛のため服を着させての散歩が良いでしょう。

明るく人懐こいですが、小さい頃から甘やかしすぎると頑固な面が強く出てしまいます。根気よく繰り返し教えて、ちゃんと出来たら しっかりと褒めてあげてください。

 

参考

パグに限らず短頭犬種は夏季の期間、飛行機に乗れないんです。ANAは乗ることが出来るようですが問題が起きても責任は負いませんとなります。また、ワンちゃんは通常、荷物扱いなので飼い主さんとは同乗できません。荷物と一緒の部屋で運ばれます。※海外の航空会社では体重やケージの大きさによって飼い主さんと同乗出来る所もあります。

 

 

パグのかかりやすい病気

 

・壊死性髄膜脳炎

原因不明で突然けいれんを起こし倒れ意識障害や旋回運動、昏睡など起こすようになります。特にパグで多く発症し重症化するためパグ脳炎とも呼ばれます。

予防法は無く、初期症状の場合はステロイド剤、抗てんかん薬の投与となります。また、脳圧を下げる薬を与えたりします。重症化すると誤謬性肺炎を起こしやすくなりますので併せて治療する場合があります。

・軟口蓋過長症

のどの上の肉が垂れ下がってきて気道を狭くなってしまいます。元気な時も いびきやフガフガという呼吸音はしますがゼイゼイという呼吸を頻繁にするようでしたらお医者さんに診てもらった方が良いでしょう。

先天性のものなので予防はできませんが、肥満になると呼吸ができにくくなりますので、体重の管理は大切です。外科的治療で軟口蓋を切除することがあります。

・鼻腔狭窄

パグやシーズー、ペキニーズなどの短頭種に多くいびきのような音のある呼吸をしていたら鼻腔狭窄の可能性があります。呼吸困難になるほどの重度の場合は、手術で鼻腔を広げます。

予防法は無いのですが、軟口蓋過長症と同じく肥満にならないように、体重を管理しましょう。また、過度な運動をさせずに熱中症にも気をつけましょう。

鼻腔狭窄症の治療は、レーザー治療が一般的です。レーザーだと、犬にとって熱によるダメージが少ないです。

・大腿骨頭壊死症(レッグぺルテス)

虚血性大腿骨頭壊死とも言い、股関節に異常をきたす病気です。大腿骨が成長期に関節周辺に炎症が起こり大腿骨頭への血液供給が悪くなり壊死してしまう病気です。跛行の症状がみられ、1歳未満で発症することが多いです。

原因が不明の為、予防は難しい病気です。軽度の場合は、内科的治療をおこないます。鎮痛剤の投与や、レーザー治療で痛みを抑えて管理します。改善が無い場合や、進行して悪化している場合は外科的治療になり、大腿骨頭の切除手術をおこないます。

・膿皮症

犬の皮膚に常に存在するブドウ球菌が異常に増えた時に炎症を起こす皮膚の病気です。シワの中を清潔に保たないと、フケや老廃物が溜まり これをエサに菌が繁殖します。高温多湿の時期に起こりやすいので抗菌シャンプーなどを使いケアし、ひどいようなら医師の診察を受けましょう。ただ、過度にシャンプーしすぎると皮脂を落としすぎるので注意が必要です。

治療は、抗生物質の薬を投与します。表在性膿皮症だと3週間、深在性膿皮症の場合は1~3ヶ月の服用で良くなる場合が多いです。それでも改善されない難治性のケースもあります。

 

 

まとめ

 

警戒心も少なく、無駄吠えもあまりしないので番犬には向きませんが、明るく陽気なパグは、性格的にいい子なので大切に育てると、最良のパートナーとなるでしょう。

顔や体のシワは汚れが溜まりやすいので皮膚病にならないように こまめに拭き取り楽しいパグとの時間を過ごしましょう。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5