犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

豊かな飾り毛が特徴の【ポメラニアン】性格や寿命は?

 

 

祖先は、スピッツ系に属する他の犬種と同じく、サモエド(シベリアを原産としたトナカイの番やカモシカ狩り、そり引きをする犬)と言われています。

ポメラニアンは人が大好きで他の犬にも友好的です。では、性格や寿命、かかりやすい病気など見ていきましょう。

 

 

ポメラニアンの性格

 

活発で人間が大好きですし他の犬にも友好的です。飼い主に対しての忠誠心が強く賢くて学習能力も高いため、比較的しつけしやすいとされています。ただ、警戒心が強く気が強い一面もあり、よく吠える傾向がありますのでその原因から遠ざけたり声をかけて安心させたりすると良いでしょう。

好奇心旺盛でじっとしているのが苦手なため、いつも動き回っているようです。オスは元気で活発、メスは人懐こいようです。

 

ポメラニアンの寿命

 

ポメラニアンの平均寿命は12~16歳とされています。人間に置き換えると66~82歳です。小型犬の平均より若干 長めです。

注意

骨折しやすい犬種なので滑ったり転んだりしないように お家のフローリングにはマットやカーペットを敷いたり高低差のある階段には登らせないように工夫したりすることが大切です。肥満は足腰に負担を与えますので日ごろの体重管理も気をつけてください。

 

 

ポメラニアンの歴史

 

ポメラニアンはドイツとポーランドの国境にまたがるポメラニア地方の原産でサモエドやジャーマンスピッツが元祖とされています。19世紀後半、愛犬家で知られたビクトリア女王に愛された犬種としても知られ、中型サイズだったポメラニアンを5kg程までに小型化したと言われています。1892年にアメリカでポメラニアンが品種として確立し1900年に公認され小型化が進みました。

 

ポメラニアンの特徴

 

体高は18~22cm、体重は1.8~2.3kgとされています。ポメラニアンの被毛はダブルコートで顔のまわりや胸元の毛は長く、尻尾の飾り毛は扇のように広がっています。

毛色は多くあり、ブラック、ホワイト、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、ビーバー(濃いベージュ)、ブルー(灰色)、などの単色のほか、ブラック・タン(黒茶)、オレンジ・セーブル(明るさに濃淡のある茶色)、ウルフ・セーブル(灰に黒の差し毛)、パーティ・カラー(混色)などがあります。最近では、大理石状に灰色が混ざる「マール」色や、眼の色が青いポメラニアンも出ているようです。ただ、遺伝性疾患が出やすいとのことで公認はされていません。

 

ポメラニアンの飼い方

 

ポメラニアンの豪華な毛並みを維持するには毎日ブラッシングしましょう。換毛期には特に丁寧に。抜け毛を放置すると通気が悪くなり皮膚の病気の原因にもつながります。

繊細な性格なため玄関のチャイムや長い時間の留守番で吠えることがあります。甘やかしすぎると分離不安症になることがあるので子供の頃から躾をしっかりとし、我慢も覚えさせましょう。学習能力は高いので上手に出来た時は大袈裟くらいに褒めてあげてください。

 

 

ポメラニアンのかかりやすい病気

 

・膝蓋骨脱臼

小型犬に多くみられるのが膝の骨のお皿が右ないしは左に外れてしまう膝蓋骨脱臼。片足を不自然に上げていたり動く際にキャンと鳴くような時は診察を受けましょう。

予防としては、足腰に負担がかからないように、肥満防止の食事管理や、滑らないようカーペットを敷いたり対策が必要です。

治療は、内科的治療として内服薬・サプリメントの投薬。レーザー治療を行う病院もあります。外科的治療は、手術となります。進行の程度や年齢など考慮して判断されます。

・気管虚脱

気管が潰れて変形し、呼吸困難や酸欠によるチアノーゼや咳などが起こります。初期は軽い咳ですが、ガチョウの鳴くような音を発するようになります。

予防は、肥満や激しい運動を避け首輪をハーネスなどのタイプに変更します。治療は、軽度の場合は気管を広げる薬や、咳止めなどを投与します。重度の場合は、気管を補強する手術や気管を広げる手術があります。

・水頭症

脳脊髄液の流れが滞ったり、産生量が増えてしまうことで脳を圧迫し ボーッとしていたり痴呆症状、体の麻痺、歩行異常、同じところをグルグル歩き回るなどの症状が現れます。

予防法はありません。内科的治療は、ステロイド剤など投与して脳圧を下げます。てんかんを起こす場合は、抗てんかん剤を投与します。外科的治療は、脳脊髄液を腹腔に流し脳圧を下げる手術がおこなわれます。

・脱毛症Ⅹ

ポメラニアンで起こりやすく、毛周期が停まって起こる脱毛で原因は不明です。症状は痒みを伴わなず頭と四肢以外の個所の毛が抜けます。一般的には1~4歳に発症すると言われます。

原因不明で、予防法はありません。また、決定的な治療法も現在はありません。一般的には、ホルモンバランスが崩れて脱毛している可能性があるので、去勢・避妊手術といった手術。内科治療では、ホルモン剤の投与となります。

 

 

まとめ

 

明るく活発なポメラニアン。飼い主に忠実で頭も良いので比較的 躾けやすく飼いやすいとされています。初めて犬を飼うならポメラニアンも候補に入れてみてください。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5