犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

賢いパピヨンの性格や寿命、病気など解説

 

パピヨンの特徴といえば蝶の羽根を開いたような立ち耳です。その優雅な容姿からフランス貴族に寵愛されました。賢くて、人懐こいパピヨンは飼いやすい犬種でもあります。そんなパピヨンの性格や寿命、特徴や病気までを見てみましょう。

 

 

 

パピヨンの性格

 

パピヨンは明るく活発で好奇心も旺盛です。また、散歩や運動も大好きです。頭も良くイギリスの研究機関によると犬の知能指数(IQ)を調べたところ全犬種で8位、小型犬では1位という結果が出ました。

スヌープ
大型犬や中型犬が多くランクインする中で、小型犬のパピヨンが8位にランクインするって凄いね!
残念ながら、君たちダックスフントや僕たちチワワは、ランクイン出来なかった。でも、ご主人様の言うことはチャント聞けるから大丈夫!
キース

 

華奢な体型のパピヨンですが、状況判断も得意なのでドッグスポーツにも適しています。ちゃんと躾ければ良い関係が築けるでしょう。

 

パピヨンの寿命

 

パピヨンの寿命は、12~15歳くらいです。小型犬の寿命が15歳前後なので平均的と言えます。あとに紹介する パピヨンのかかりやすい病気も参考にしながら長生きさせましょう。

 

 

パピヨンの歴史

 

パピヨンの祖先はスペイン原産のドワーフ・スパニエルとされています。16世紀にフランスに入りルイ14世、ポンパドール婦人やマリー・アントワネットらに可愛がられました。一説には、マリーアントワネットが処刑台に上がる直前までパピヨンを抱いていたそうです。

フランス革命の当時は、革命軍によって貴族とともに多くのパピヨンも殺害されたそうです。

当時は垂れ耳のパピヨンが多く生まれていたようですが、たまに生まれる立ち耳のパピヨンを選んで交配させたようです。立ち耳は「パピヨン(蝶)」ですが、垂れ耳はフランス語で「ファーレン(蛾)」と呼ばれています。

 

パピヨンの特徴

 

体高は約28cm、体長は体高より少し長く、体重は1.5~5kg。

毛色は大きく2つに分けられます。3色入ったトライカラー2色だけのパーティーカラーがありまあす。

パピヨンの飼い方

 

パピヨンは下毛が無いシングルコートなので抜け毛は少なめで、寒さに弱いので冬場の散歩は服を着させてください。週に2~3回ブラッシングをしてあげましょう。

華奢な体のパピヨンですが活発でドッグスポーツも楽しめます。飼い主さんが大好きで甘えん坊さんです。ですが、甘やかしてしまうとワガママに育ってしまいますので幼い頃から飼い主さんがリーダーだと教え躾けていきましょう。成長するにつれ神経質な一面を見ることがあります。小さな頃から散歩などで家族以外の人や犬と触れ合わせて社会性を身につけさせましょう。

ストレスを溜めないように毎日30分以上の散歩をしましょう。また、お家でも十分に遊んであげてください。

 

 

パピヨンのかかりやすい病気

 

・膝蓋骨脱臼

小型犬に多くみられるのが膝の骨のお皿が右ないしは左に外れてしまう膝蓋骨脱臼。片足を不自然に上げていたり動く際にキャンと鳴くような時は診察を受けましょう。

予防としては、足腰に負担がかからないように、肥満防止の食事管理や、滑らないようカーペットを敷いたり対策が必要です。

治療は、内科的治療として内服薬・サプリメントの投薬。レーザー治療を行う病院もあります。外科的治療は、手術となります。進行の程度や年齢など考慮して判断されます。

注意ポイント

脱臼に限らずヘルニアにもなりかねないので、段差があるソファにはスロープを施したり、フローリングのような滑りやすい床にはカーペットなど敷いて滑り防止対策をしてください。

・眼瞼内反症(逆さまつ毛)

瞼が内側に入り込んでしまう病気で、内側に入り込んだ まつ毛が眼球を刺激し痛みや炎症を起こします。結膜炎や角膜炎につながります。涙や目やにが増えたり、前脚で目をこする仕草が見られたら早めに受診しましょう。

明確な予防法はありません。治療は、軽度の場合は点眼や、まつ毛を抜いたりして症状を和らげ改善します。ただ、あくまでも眼瞼内反症が治癒しない限り継続が必要です。外科的な治療は、強制的に余っているまぶたを切除し、糸でまぶたを寄せる手術をおこないます。

・壊死性白質脳炎

ヨークシャテリア、チワワ、パピヨンに多く2kg以下の小さな個で発症率が高いとされます。てんかん発作が起きたら診察を受けましょう。

決定的な予防法は ありません。残念ながら、治療も確立した方法もありません。初期症状には一般的に、ステロイド剤の投与、抗てんかん薬の投与。重症化すると誤謬性肺炎を起こしやすいので、併せて治療します。

・水頭症

脳脊髄液の流れが滞ったり、産生量が増えてしまうことで脳を圧迫し ボーッとしていたり痴呆症状、体の麻痺、歩行異常、同じところをグルグル歩き回るなどの症状が現れます。

予防法はありません。内科的治療は、ステロイド剤など投与して脳圧を下げます。てんかんを起こす場合は、抗てんかん剤を投与します。外科的治療は、脳脊髄液を腹腔に流し脳圧を下げる手術がおこなわれます。

・難産

フレンチブルドッグ、シーズー、チワワ、ペキニーズ・パピヨンなどは、産道も細く難産になりやすいとされます。

適度な運動をさせ、肥満を防ぎ筋肉を作り難産の予防に努めましょう。内科的治療はマッサージや、陣痛を促す薬を投与します。状態によりますが、外科手術では陰部切開、帝王切開となります。

 

 

まとめ

華やかな外見、小型犬の中でも非常に賢いパピヨンですが、運動能力も高く華奢に見えて丈夫です。過保護にして甘やかして育てると神経質になり無駄吠えの多い子に育ってしまうので正しく躾け、散歩やドッグスポーツなどストレスの無いペットライフを満喫してください。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

 

 

 

-犬 Dog

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5