犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

ラブラドールレトリバーの性格や寿命、飼い方・病気

 

 

大型犬のラブラドールレトリバーは、性格も良く世界中から愛され人気のある犬種です。賢い犬なので、躾もしやすく飼いやすいのも人気の理由ですね。

この記事では、ラブラドールレトリバーの性格、寿命、かかりやすい病気までを ご紹介していきます。

 

 

ラブラドールレトリバーの性格

 

ラブラドールレトリバーの性格は、穏やかで賢いのが特徴的です。狩猟犬として活躍していたので活発で、走ったり泳いだりと運動が大好きです。服従心もあり、自分で考えて行動する能力も高いです。攻撃性は少なく、順応力が高いことも飼いやすい点ですね。そのため、介助犬や警察犬・麻薬探知犬・災害救助犬として活躍しているラブラドールレトリバーが多いのも頷けます。

ただ、活発で運動好きなため、遊びたい一心で悪気なく、人や動物に飛び掛かったりすることもある個体もいるので根気よく躾けることが大切です。

ラブラドールレトリバーには、狩猟犬として活躍するアメリカンタイプという血統と、ドッグショーなど品評会用に用いるイングリッシュタイプという血統の2種類がいます。性格は、大きく分かれませんがアメリカンタイプは作業犬として能力重視のため、活動的で若干、神経質な性格です。イングリッシュタイプは、品評会に出るため外観重視で、比較的に大人しい個体が多いです。

 

ラブラドールレトリバーの寿命

 

ラブラドールレトリバーの平均寿命は10~14歳です。大型犬の中では、やや長生きな犬種ですね。猟犬だったので運動量も多いため、ストレスを溜めないよう散歩や運動を多く取り入れてください。

 

 

ラブラドールレトリバーの歴史

 

原産地はカナダのニューファンドランド半島。16世紀頃、ニューファンドランドに入植してきた人たちのセントジョンズレトリバーがラブラドールレトリバーの先祖と言われています。セントジョンズレトリバーは、半島の漁師たちの使う網を回収したり、網から落ちた魚の回収したりといった仕事をしていました。

1820年頃に漁師たちの仕事をサポートする、セントジョンズレトリバーの姿を見ていたイギリスの貴族が鴨などの水鳥猟の猟犬と用いるため、イギリスへ持ち帰りました。その後、貴族たちにより繁殖、交配が進められ19世紀末には、現在のラブラドールレトリバーに近い形となります。

アメリカやカナダでは、登録数ベスト3に常にランクインするほどの人気ぶりです。

 

ラブラドールレトリバーの特徴

 

体高はオスが56~57cm。メスが54~56cm。体重は30kgが多いようです。体長は体高より少し長く、短毛種。垂れ耳で体格は骨太で筋肉質です。

先祖のセントジョンズレトリバーは黒のみでしたが、繁殖によりラブラドールレトリバーの毛色は、黒、イエロー、チョコレートの3色があります。

 

ラブラドールレトリバーの飼い方

ラブラドールレトリバーは、活発な性格から体を動かすことが大好きです。散歩は1日2回30分~1時間程度の散歩が必要です。大型犬のため、成犬になると体も大きくなり力も強くなります。散歩時のリードはしっかり持ち、急な動きにも離さないように注意しましょう。また、ドッグランなどに積極的に行って、走り回らせたり、ボールやフライングディスクで知的な遊びもストレス発散に繋がります。

賢いので躾はしやすいですが、飼い主さん側がぶれずに、躾けることが大切です。褒めたり、褒めなかったり。叱ったり、叱らなかったり曖昧だと、混乱しますので注意しましょう。

短毛種なので、被毛のケアは比較的楽です。ただし、ダブルコートなので普段は、ボディチェックも兼ねて定期的にブラッシングしてあげましましょう。換毛期は、毎日ブラッシングがベストです。シャンプーは1~2ヶ月に1回程度。

 

 

ラブラドールレトリバーのかかりやすい病気

 

・股関節形成不全

歩行時に ふらついたり、座り方がおかしいとい症状がみられます。遺伝的要素や偏った栄養、また運動も原因とされます。大腿骨を受け止める くぼみが浅かったり、通常は丸い大腿骨の先が変形したりして上手く関節が噛み合わず歩行の異常として症状が出ます。

治療法としては、内科的治療と外科的治療があります。内科的治療は、消炎鎮痛剤やレーザー治療で痛みを和らげ、安静にしている間に体重を適正になるまで減らしていきます。外科的には、「骨盤 3 点骨切り術」「股関節全置換術」「大腿骨頭切除術」などがあります。犬の年齢や、症状、関節の状態などを考慮し、方法は異なります。

・悪性リンパ腫

リンパ球という細胞が増殖し悪性腫瘍(がん)となったのがリンパ腫です。犬の場合の多くは体のリンパ筋が腫れてきます。

腫瘍の発生部位によって変わりますが、消化器系は下痢や嘔吐、食欲不振。骨髄などの箇所では貧血、血中に腫瘍細胞が見つかる。胸部付近では呼吸の異常などの症状がみられます。

治療法としては、抗がん剤を投与する科学療法治療となります。シニア期を迎えたら定期健康診断をしましょう。

・胃拡張、胃捻転

胃が拡張して、ねじれを起こし疾患です。フードや水などの液体、ガスなどを急速に摂取して溜めることにより胃拡張を起こし胃捻転を起こします。一気に食事を済ませてしまうことで胃拡張が起きやすいのでフードの与え方には注意が必要です。また、食後すぐの運動は胃拡張を誘発します。

大型で胸の深い、グレートテンやジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー、ドーベルマン、ボクサー、ラブラドールレトリバーなどが多く発症します。

完全に予防することは難しいですが、食事を1日2〜3回に分けて与えたり、1度に大量の食事を与えないなど管理するのが重要です。

・外耳炎

症状は、耳が臭う、赤くただれる、耳を振ったり耳を痒がり掻く仕草をします。

原因として挙げられるのはアレルギー、異物混入、ダニ、水などが入るなど。垂れ耳の犬種はかかりやすいようです。外耳炎は慢性化しやすく治りにくいので治療には長期間かかる場合が多いです。

治療は消炎剤や、かゆみ止め。感染に対する治療薬の投与があります。

ビリー
僕も垂れ耳で耳が臭ったり、汚れるので飼い主のグッチーさんが定期的に掃除してくれるよ。肢で耳を掻く仕草をしたら注意してね!

 

 

まとめ

 

ゴールデンレトリバーのように大型で、穏やかな性格のラブラドールレトリバー。賢く躾けもしやすい犬種ですので、広いスペースを確保できる住環境でしたら、飼ってみたくなる魅力的な犬種ですね。

従順なので素晴らしいパートナーとなるでしょう。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5