犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬を飼う決意

犬 Dog

犬を飼うには、決心が必要です!体験からお話します

 

 

私は子供の頃から、犬が飼いたくて仕方ありませんでした。最近は見かけなくなりましたが、自分が小学校くらいの頃は、野良犬をたまに見かけたものです。

2度ほど連れて帰ったことがありますが、母から『お前は最初だけで、日が経つと散歩とかの世話をしなくなるのは目に見えてる。そのあとは誰が面倒見るの?私でしょ?そんな無責任なことしないで!』と言われ、飼えなかったことを思い出します。

なるほど、大人になったいま思えば母の言った言葉は、遠からず当たっていたのかな…。あの時の私は、先々の事など考えてもいなかったので(汗)

では、そんな私が犬を飼った気持ちと、その経過と併せて今後、動物を飼おうと考えていらっしゃる方に記事を書いてみました。

 

犬を飼う=命を預かるということ

皆さんが分かっている事ですが、犬を飼うということは、大切な命を預かって家族として迎え、大事に育てていくという事です。

おもちゃのように飽きたから、もう要らないという事は絶対に出来ません。そんなこと分かってるよ!と言われそうですが、実際に犬を飼うと思っていた以上に大変です。が、それ以上に愛犬から得られる癒しや幸福感は語り尽くせないことも事実です。

人間の子供を育てるのが、大変なように犬や動物を飼うのも初心者にとっては、大変な事もたくさんありました。ましてや、犬は言葉を話せません。

子犬から家に迎えると、最初は当然ちゃんとトイレは出来ません。

幼い頃は、何にでも興味があるのと、歯が生え変わる時などは、木で出来た椅子や鏡台などはカジられます。

どうして飼ってからも大変かという事をお話ししていきます。

 

犬を飼う決意

 

飼ってから分かったこと

 

想像もしていませんでしたが、私自身が犬の毛のアレルギーだったんです!以前、住んでいたアパートでは一緒の部屋で寝ていたのですが、2匹目のビリーを飼ってしばらくすると、夜中にゼーゼーと喘息気味の咳が止まらず呼吸困難になるほどでした。病院に行って血液検査でアレルギーと診断され、薬を飲んでいました。

現在は、一戸建てを購入して私だけは別の部屋で寝ています。愛するワンちゃん達の傍で眠れないのは残念ですが…。そんなことが無いように、一緒に暮らす家族みんなが、アレルギーなど無いか調べたほうがベストですね。

 

犬を迎える時に必要な物を揃えなければなりません

 

まずは、最低でも寝る場所を作ってあげるために、ケージ。その中にトイレ、トイレシート。ご飯を食べるお皿。水を飲むための皿や、水飲みボトル。ワンちゃん用のフードやおやつも必要ですね。

すぐには散歩に行けないので、遊ぶためのオモチャなど。

犬の落ち着ける場所

 

散歩に出られるようになる迄に予防注射が必要です。

おうちに来て1週間ほどは、家に慣れてもらうために、必要以上に構わずにユックリさせてあげてください。子犬の頃は、かなり寝てばかりいます。散歩に出るのはワクチンを2〜3回(最初の1回目はペットショップやブリーダーさんで摂取していると思います。)摂取してからです

なので、おうちに来てから1〜2回ワクチンのお金がかかります。あと、大事なのがペット保険ですね。私たち人間もそうですが、犬も病気になる事があります。万一を考え、保険に加入してください。

最近では、ペット保険の会社も増えましたし、いろんな補償のタイプがあるので、見比べてワンちゃんに合わせたものを選んであげましょう。

 

毎日の散歩は必須です。

 

犬を飼育するという事は、毎日散歩に行くという、それが当たり前の日常です。飼い主の都合でやめる事はできません。人がストレスが溜まるように、犬も散歩に出て最低限の運動させないと、ストレスが溜まります。犬を飼う=毎日 散歩するということです。

一緒に生活すると分かりますが、散歩に行こうとすると嬉しそうに早く散歩行きたいとする、仕草も可愛くてたまりません。

散歩については こちらをどうぞ

愛犬と散歩
愛犬と楽しいお散歩、マナーや持ち物・グッズ【6選】

    ほとんどの犬は、大型・小型問わず運動やストレス発散のために散歩が必要です。愛する家族と散歩する時間は楽しく大切な時間ですね。 そんな楽しい時間をマナーを守って、もっと素晴ら ...

続きを見る

 

散歩行きたがるビリー

 

年間通じてお薬やワクチン、予防摂取が必要になります

ワンちゃんは、年に1回ワクチンと狂犬病予防の注射が必要です。(狂犬病予防は届出が必要です。)

うちでは、5月〜12月まではフィラリア予防のお薬、1年通じてノミダニの予防薬を与えています。

狂犬病予防の注射以外は義務ではないですが、愛犬に長生きしてもらいたので、他の病気の予防も おこないましよう。

注射やお薬については こちらをどうぞ

ワクチン・狂犬病予防
犬には毎月与えるお薬があります。その他ワクチン紹介

    大切なワンちゃんが健康で長生きしてもらうには日々の健康管理が大切です。 ワクチンや狂犬病の予防注射などは年に1回だけですが、毎月ノミダ二予防の薬や5月~12月までフィラリア ...

続きを見る

 

自分の好みな犬=ライフスタイルに合った犬とは限りません。

様々な種類が存在する犬ですが、体格や毛質もいろいろです。その中から、自分好みのワンちゃんを選ぶのも楽しみの一つですし、以前から決めていらっしゃる方も、いるかもしれませんね。

しかし、ライフスタイルによっては好みの犬でも、飼うのに合わない犬種もいます。

残念ですが、忙しい人やご高齢の方には大型犬や中型のボーダーコリーのような犬種は運動量が多いので合わないようですある程度の時間を、ワンちゃんのために使える方には良いでしょう。散歩や一緒に遊んであげることは、運動のため、ストレス発散のために必要です。

この犬を家族として迎えたいと思ったら、その犬種のことをいろいろ調べてみたら良いでしょう。

 

子犬を迎えるのか、成犬を迎えるのか

 

みなさん、初めて犬を飼うと考えたら、ペットショップやブリーダーさんから子犬をと、お考えの方が多いと思います。私もペットショップで4匹を購入しました。

でも、私が愛犬を育てて行く過程で、ネットやテレビなどの媒体を通して捨てられたり、虐待されて保護されたりする犬もいること、その保護犬を譲渡していることを知って、もし次にワンちゃんを迎えるなら、そんな子を迎えようと思っています。

初心者の方や高齢の方は、保護されたワンちゃんも候補に入れてみてください。成犬の場合は、保護犬によって違いますが、しつけが上手くされている子もいるようです。ただ、保護犬がみんな良い子ばかりではありません。高齢だったり、病気がちな子もいます。譲渡を受けられる場合はリスクもあることを理解して、センターの職員さんともジックリと話してください。

世の中には、人間の身勝手で不幸になったけど、新しい幸せを求めているワンちゃんがいます。

 

迎えたワンちゃんに子供を産ませるか、産ませないか

犬は生後1年前後で、成犬になります。成長と共に繁殖期を迎えます。交配させるお考えでしたら、病院やペットショップで、紹介してもらったりして交配相手を探したりします。

子供を作らせないようでしたら、なるべく早い段階で去勢・避妊手術を受けたほうが良いです。理由としては、オスの場合は、前立腺肥大や精巣腫瘍、メスの場合は乳腺腫瘍など病気の予防になるからです。

実際、うちのジュエルは女の子なので、痛い思いをさせたくないと避妊手術をしなかったのですが、10歳で乳腺腫瘍になり、結局は乳腺切除、避妊手術をおこなうことになりました。

ジュエルの乳腺腫瘍の記事は、こちらをどうぞ

ダックスのジュエルが乳腺腫瘍に!!経過と術後

    この記事では、我が家のアイドル犬ジュエルが乳腺腫瘍になって手術や経過について ご紹介していきます。結果からお話しますと、手術は成功しました。この病気を期に躊躇していた避妊手 ...

続きを見る

 

オスの3匹は、早いうちに去勢手術をしたので性ホルモンからくる病気のリスクは、今のところありません。

ただ、デメリットもあって食欲が増し、肥満になりやいです実際、うちの4匹ともに術後に太りダイエットさせました。飼い主さんは、十分注意して体重の管理をしてください。

 

大切な愛犬なので

 

幸いにも、うちのワンちゃん達は逃げ出したり、迷子になったりしたこと無いのですが、万が一のことを考えたら、マイクロチップの埋め込みも必要かと思います

うちの子達もマイクロチップを装着?してます。短時間で済むので検討してみてください。傷跡なんか全くありません。

また、7歳を過ぎると犬はシニア期に入ります。高齢になったら、毎年、定期検診も受診なさったほうが良いでしょう。

 

ご飯を欲しがる4匹の犬

 

まとめ

 

本文中にもありましたが、飼ってみて分かることや、必要なものなどが増えたりします。当然のことながら、ワンちゃんのためのお金もかかります。ご飯や、オモチャ、ワンちゃん用の服、病院・薬代、ペット保険代etc…。

言葉が話せません、自分の意に沿わない行動も取ることがあります。トイレを覚えさせるのにも、しつけするのにも根気が必要です。毎日、散歩に行かなくてはいけません。

ワンちゃんにも大切な命があります。決して、こんなはずじゃなかったと言って育てることをやめないでください。捨てないでください。決して叩かないでください。

小さな命を最後まで見届ける決意をして、ワンちゃんをおうちに迎えて、素晴らしい生活を送ってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5