犬のサブスク

犬 Dog

2021/3/25

【定期便】peco boxを購入してみました

今回の記事は、前回のWAN smile BOXに続いて愛犬のための定期便『peco box』をご紹介いたします。 【何気ない日を記念日に】をコンセプトとして毎月、飼い主さん・愛犬・愛猫のためのpeco boxの専門スタッフが厳選したグッズをお届けする「ご褒美ボックスお届けサービス」です。 ペットのためのサブスクリプションなのですね。 この記事は次のような方にオススメです。 毎月、うちの子にサプライズプレゼントしたい おもちゃ・オヤツは何を買ってあげたら良いか迷う peco boxってどんな内容の商品が入っ ...

ReadMore

犬のサブスク

ダックスフント チワワ 柴犬 犬 Dog

2021/3/1

【定期便】獣医師監修WAN smile BOXを購入してみました

    今回は、愛犬のための定期便(サブスク)の一つ、獣医師監修の成犬用WANsmileBOX(ワンスマイルボックス)を購入してみたので ご紹介します。   この記事は次のような方にオススメです。 愛犬のための定期便(サブスク)を探している 毎月、うちの子にプレゼントしたい ワンスマイルボックスを試してみたい   そして、この記事をご覧になって解決できることが… この記事で解決 WAN smile BOXにはどんな商品が入っているか分かる WAN smile BOX ...

ReadMore

犬のサブスク

犬 Dog

2021/2/8

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/2/8

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

犬 Dog

ペチャ鼻のフレンチブルドッグ、【性格や寿命】

 

鼻が低くガッチリした体系でひょこひょこと歩く姿が可愛らしいフレンチブルドッグ。愛嬌のある顔立ちが特徴的です。基本的には人懐こく甘えん坊です。人間のように いびきをかいたり、甘える時は喋っているような声を出す子もいたり個性的なフレンチブルの性格や寿命など見てみましょう。

 

 

フレンチブルドッグの性格

 

フレンチブルドッグは人懐こく陽気です。非常に利口ですがブルドッグの頑固な一面もあります。

気に入った遊びは何度も要求します。いびきをかいたりしますが、普段はほとんど吠えず無駄に走り回る事も あまりありません。とても甘えたがりで人・家族が大好きなので抱っこされたり寄り添ったりすることに幸せを感じるようです。

 

フレンチブルドッグの寿命

 

平均寿命は10~12歳と比較的に短命で13歳まで生きられるのは珍しいそうです。ですが、現在のペットフードも良い製品がたくさんありますし、長生きできることは可能ですので体重管理・健康管理を積極的におこないましょう。

 

 

フレンチブルドッグの歴史

 

諸説ありますが18世紀ごろイギリス人がフランスに渡った時に一緒に連れて行ったブルドッグが元となりパグやテリアと交配して誕生したとされる。フランスでは大人気となった犬種です。

もともとは垂れ耳だったのですが、アメリカ人のブリーダーが交配を重ねて立ち耳へと改良したそうです。

無駄吠えの少ない犬種で、短毛種でケアもしやすい、運動量も少ないので日本でも人気があります。ただ、どの犬種にも言えますが肥満は、様々な病気に繋がりますので体重の管理は大切です。

 

キース
フレンチブルドッグは、ネズミ駆除に活躍していたらしいよ

そうなんだ~、人のお役に立っていたんだねぇ!
ジュエル

 

特徴

 

体高は28~33cm、体重は11Kgが平均とされています。被毛はバリエーションが豊富で大きく分けて4種類もっとも一般的なタイガーブリンドル(黒地に褐色が入る)、ブラックブリンドル(ほとんど黒の単色)、ブルーブリンドル(青みがかった灰色に褐色の斑点が入る)、クリーム(淡い色の単色)、フォーン(やや褐色で顔が黒くなる)、パイド(白地に黒の斑点が入る)、ハニーパイド(白地に褐色の斑点が入る)、ブルーパイド(白地に青みがかった灰色の斑点が入る)、ティッキングパイド(小さな斑点が一面に入る)、ブラウン(茶色の単色)、ブラック・タン(黒に茶色の斑点が入る)

 

飼い方

 

夏冬は特に体調管理が必要な犬種です。暑さ寒さに弱いので室内でエアコンをつけ温度調整が必要です。また、太りやすいので食事の管理も必要です。過度の運動はNGで散歩も長時間の必要はありません。

短毛できめ細かい毛が生えています。季節ごとに被毛が生え変わるので抜け毛が多い犬種です。こまめにブラッシンングすることをお勧めします。顔のシワに汚れが溜まりやすいので 日ごろから丁寧にケアして臭くなるのを防ぎましょう。

参考

フレブルに限らず短頭犬種は夏季の期間、飛行機に乗れないんです。ANAは乗ることが出来るようですが問題が起きても責任は負いませんとなります。また、ワンちゃんは通常、荷物扱いなので飼い主さんとは同乗できません。荷物と一緒の部屋で運ばれます。※海外の航空会社では体重やケージの大きさによって飼い主さんと同乗出来る所もあります。

 

 

かかりやすい病気

 

・難産

フレンチブルドッグの他、シーズー・チワワ・ペキニーズなど難産になりやすいとされます。

適度な運動をさせ、肥満を防ぎ筋肉を作り難産の予防に努めましょう。内科的治療はマッサージや、陣痛を促す薬を投与します。状態によりますが、外科手術では陰部切開、帝王切開となります。

・軟口蓋過長症

のどの上の肉が垂れ下がってきて気道を狭くなってしまいます。元気な時も いびきやフガフガという呼吸音はしますがゼイゼイという呼吸を頻繁にするようでしたらお医者さんに診てもらった方が良いでしょう。

先天性のものなので予防はできませんが、肥満になると呼吸ができにくくなりますので、体重の管理は大切です。外科的治療で軟口蓋を切除することがあります。

・鼻腔狭窄症

鼻の軟骨の強度が少なくなり呼吸時に鼻の内部が押され十分な呼吸ができなくなります。一定のリズムで大きないびきをかく場合は鼻腔狭窄症の可能性があります。

予防法は無いのですが、軟口蓋過長症と同じく肥満にならないように、体重を管理しましょう。また、過度な運動をさせずに熱中症にも気をつけましょう。

鼻腔狭窄症の治療は、レーザー治療が一般的です。レーザーだと、犬にとって熱によるダメージが少ないです。

・アレルギー性皮膚炎

食べ物のアレルギーは食餌性皮膚炎、花粉・ハウスダスト・ダニなど環境によるアレルギーの場合はアトピー性皮膚炎といいます。発症した場合は抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤などの投与などがあります。シャンプーなどもアレルギーに適したものを使用します。

 

 

まとめ

 

人や他の犬にも仲良くできる社交性の持ち主、フレンチブルドッグ。膝にのせて撫でるとうっとりした幸せな顔を見せ愛くるしいこと間違いなしです。利口なので小さな頃からしっかりと躾けたら最高のパートナーとなるでしょう。

 

犬を迎える準備は、こちらをどうぞ

犬を迎える準備
犬を迎えるための準備【19アイテム】

    スヌープ僕を初めてお家に迎えてくれた時に飼い主さんのグッチーはいろんな物を用意してくれたんだ! 最初の子 スヌープをお迎えした時に買った必要なものです。新しくワンちゃんを家 ...

続きを見る

 

 

-犬 Dog
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5