犬のサブスク

犬 Dog

2021/1/21

愛犬のための定期便【2021年】ワンちゃんのサブスクを比較!おすすめポイント

みなさん、定額で製品やサービスを一定期間利用できるサブスクリプションをご存知ですか? 今回は、ペットのワンちゃんへ定期的に「おやつ」や「おもちゃ」を届けてくれるサービスを3つご紹介します♫ 愛犬家には嬉しいサービスですね。なかには、猫ちゃんのサービスもありますので愛猫派の方もご覧ください。   目次人気のペット定期便こいぬすてっぷWAN smile BOXDoggy Box(ドギーボックス)peco box (ペコボックス) 犬用peco box(ペコボックス) 猫用まとめ 人気のペット定期便 ...

ReadMore

ペット保険

犬 Dog

2021/1/21

【2021年】大切なペットのために【ペット保険】比較して安心を

  大切なペットは家族の一員ですよね。そんな大事な家族に万一のことが起きた時に備える保険も大事なことです。 近年、ペットの殆どが室内で飼うようになり、フードも進化して寿命が長くなり高齢化も進んでいます。長寿になることによって様々な病気も増えています。 シニアになると白内障や癌などの疾患、皮膚トラブルや、骨折やヘルニアなど手術や入院などに至ると、人間のように健康保険が無いので支払いが高額になる場合もあります。 いざと言う時に備えてペット保険に加入しておきましょう。 今回は、保険各社をご紹介しながら ...

ReadMore

犬・猫用の皮膚サプリメント

犬 Dog 猫 Cat

2021/1/13

犬・猫用 皮膚サプリメントを選ぶ【2021年おすすめ】

ワンちゃんや猫ちゃんの多くに皮膚トラブルを抱えている子が多くいます。 愛犬・愛猫ちゃんの皮膚トラブルを治してあげたい。緩和させてあげたい。トラブルを未然に防ぎたい。動物病院で診てもらい、薬などの治療をしながら、サプリメントで補ってあげるのも1つの選択肢と言えます。 今回は、皮膚のサプリメントをご紹介します。 皮膚以外のサプリメントはこちらをどうぞ   目次犬・猫のサプリメントを選ぶ痒がるサインを見逃さない皮膚トラブルの種類感染症アレルギー内分泌性先天性その他皮膚トラブルの予防とケア皮膚の水分量を ...

ReadMore

犬の白内障サプリ

犬 Dog

2021/1/5

犬の白内障サプリメント【2021年オススメ商品】

私たち人間は年を重ねると 、加齢に伴って目にもいろいろな障害が現れることがあります。 その一つに「白内障」と言う病気。犬も同じで老犬になると症状が出てくることがあります。 我が家のミニチュアダックスの14歳のオスも、目が少しづつ白く濁ってくるようになりました。 今回は、犬の「白内障」をテーマに、オススメのサプリメントをご紹介していきます。   愛犬のお口が臭う?おすすめサプリメントはこちら   目次犬の白内障犬の白内障とは原発性白内障後発性白内障サプリメントを与える前に愛犬の白内障にオ ...

ReadMore

ペット用サプリ

犬 Dog

2021/1/5

【愛犬に健康でいてほしい】ペットのサプリメント【2021年オススメ】

愛犬といつまでも健康で幸せに暮らしたいと、飼い主さんだったら誰もが思うことですよね。 そんなワンちゃんの健康を支えるのはバランスの取れた良質な食事と適度な運動が必要です。犬を飼っていらっしゃるかたなら毎日の散歩は勿論、フードにも気をつかって与えていると思います。そこで、ワンちゃんの健康を更にバックアップしてくれるのがサプリメントです。 サプリメントには、普段の食事から不足しがちな栄養素を補助してくれたり、歯周病・皮膚炎・関節のトラブル・免疫力を高めるなどの個体の体質に合わせてあげられることが目的となります ...

ReadMore

愛犬の口が臭う!?原因と対策

犬 Dog

2020/11/26

愛犬の口が臭う!?原因と対策【手遅れにならないために】

  お家の愛犬の口臭が気になることはありませんか? そんな時は、ワンちゃんの体調に異常が起きているかもしれません!自分で歯を磨くことが出来ないので、常日頃から飼い主さんは、体調の変化や口臭にも気をつけておかなくてはいけません。 手遅れにならないように、原因と対策を知っておきましょう。   口臭以外のワンちゃんのためのサプリメントはこちら   目次愛犬の口が臭う!?原因と対策口臭の原因歯周病内臓の疾患口の中の乾燥が原因犬の口臭予防と対策歯周病の予防と対策内臓疾患の原因の予防と対 ...

ReadMore

低刺低刺激・薬用シャンプー激・薬用シャンプー

犬 Dog

2020/9/23

皮膚が弱い犬のための低刺激・薬用シャンプー【オススメ5選】

以前、飼っていて亡くなったミニチュアダックスが皮膚が弱くて、お医者さんに薦められた犬用薬用シャンプー。症状は少しづつ改善して、薬用から一般的な市販されているシャンプーに変えることができました。 シャンプーと言っても一般的なものから、低刺激・薬用・オーガニックなど種類別や様々な用途のシャンプーがあります。 今回は、犬のシャンプーについて選び方やオススメをご紹介させていただきます。   目次犬の皮膚や毛質に合ったシャンプーシャンプーの選び方市販されている一般的なシャンプー低刺激シャンプー抗菌シャンプ ...

ReadMore

犬 Dog

2020/8/18

犬用オムツやマナーベルト【役割や使用方法】おすすめ商品

ドッグカフェやドッグランなど、愛犬を連れて外出する機会も多いと思います。 そんな外出時に困るのが、ワンちゃんのマーキングなどの行為(汗) そこで、犬用のオムツやマナーベルトについてご紹介させていただきます。   目次留守番中や外出時に着用させたいオムツやマナーベルト犬用オムツとはマナーベルトとは吸水パッド・マナーパッドとはマナーベルトを付ける主な場所マナーベルトやオムツを使用する際の注意点ワンちゃんのサイズに合ったものを着用させましょう慣れるまで練習をしましょう常に清潔を心がけましょうマナーベル ...

ReadMore

柴犬

柴犬のしつけ。毛色は黒が人気!?

 

 

日本で古くから愛され日本人と共に暮らしてきた柴犬。

太古の昔から狩猟犬や番犬として活躍してきて、今でも愛玩犬として人と共存しています。そんな柴犬はしつけをしないと手に負えなくなる場合もありますので、幼い頃からしっかりとしつけていきましょう。

また、毛色は赤や白などを思い浮かべますが、黒も人気が出てきています。

 

 

柴犬、子犬の時期の躾が大事

 

柴犬に限らず、どの犬種においても子犬の頃からの躾は大事です。持って生まれて性格もありますが人間と一緒で幼い時にちゃんと躾ておかないと言う事を聞かなかったり、ワガママ放題になります。

柴犬は狩猟犬として活躍していた犬なので頭が良く飼い主さんの言う事もちゃんと理解します。

生後三ヶ月くらいまでに柴犬に限らず犬は母親や兄弟と一緒に生活し社会性を身につけます。この時期は犬にとって大事な期間です。ですので、生後すぐに迎え入れるのではなく、社会性を勉強した生後4ヶ月を過ぎた子を迎えましょう。

4ヶ月を過ぎた頃は人間でいうと6歳程度で自我が出てきます。飼い始めたこの時期から躾は始まります。いくら賢い犬種といえども一度で覚えられるものではありません。根気良く何度も教えましょう。

ダメな事は厳しい態度で、褒める時は少々オーバーな程に褒めてください。例えばおしっこを失敗した時は叱るのではなく失敗した場所をすぐに拭き取り臭いが残らないように消臭スプレーで掃除し次にその箇所でしないようにします。ちゃんと出来た時には たくさん褒めてあげてください。そうすれば、決められた場所ですれば飼い主さんが喜び楽しいと感じます。

逆に手を噛んだり、服を噛んでひっぱたりしたらスグに「ダメ!」と一言低い声で一喝し、ダラダラと長い時間叱らないように。決して叩いたり体罰は厳禁です。

 

 

柴犬を甘やかすのは失敗!その子の為になりません。

 

子犬の頃は少し丸みを帯びてて可愛い見た目で、ついつい甘やかしたくなりますよね?でも、甘やかし過ぎるのは その後の飼い主さんと愛犬の関係をも失敗させます。何でも自分の言う事を聞いてくれて思い通りになればワガママに育ち、自分の方が上だ!と錯覚してしまいます。そうすると自分の要求が通らないと無駄吠えしたり、噛み付いたりと手に負えなくなります。飼い主と犬の関係が逆転し、その子の為にもなりません。言う事を聞かなくても育てられれば良いですが、手に負えないと手放す事だけはしないでください。そうならない為にも、甘やかしすぎないように。

 

柴犬の飼い主さんはリーダーです。

 

柴犬は、飼い主さんがリーダーで狩猟犬・番犬として主従関係という関係性で生きてきました。リーダーと認識するとちゃんと指示を待つようになったり、適度な距離感を持ちます。飼い主さんをリーダーと認識せずに自分がリーダーだと勘違いしてしまうと自分の意に沿わない事をされると噛み付いたり威嚇します。例えば歯磨きを嫌いな子に歯磨きさせようとしたら唸って威嚇したり、要求を通そうとしつこく吠えたり。

リーダーは飼い主さんなのだということを、これはいいこと・これはダメな事を家族で統一し毅然とした態度で教えてください。散歩の時もリードを引っ張るくらい飼い主さんより前に出て歩かせないとか、散歩から帰って玄関に入るのは飼い主さんが先に入るとか、食事は飼い主さんが食べ終わってから次に愛犬が食事するとか。常に優先順位は飼い主さんといったことを教えましょう。

 

柴犬とのスキンシップを大切に。

 

とはいえ、厳しいだけではいけません。躾は大事ですが、子犬の頃からスキンシップも飼い主さんと柴犬の信頼関係を築くのに大事なことです。信頼関係がないと柴犬の持つ主従関係の従順・忠実さがなくなります。

犬とのスキンシップは非常に大切で、幼い頃から体を触られても嫌がらない子に育てましょう。優しく穏やかな気持ちで触る感触も柔らかな撫で方で。毎日撫でたりブラッシングしたりしていれば、毛艶が悪くなった、脇にしこりがある、歯石が溜まってきたなど体調管理も行えます。

よく食事中に触ろうとすると唸って牙を剥いて威嚇する犬がいますが、小さな頃から慣れさせればご飯を食べてる最中に触っても落ち着いています。ただ、しつこかったり無闇矢鱈に触るのは控えましょう。

 

柴犬の毛色は黒が人気!?

 

毛色は赤・胡麻・黒・白色という具合に大きく4色に分かれます。ちなみに、尾の形も左巻き・右巻き・差し尾などあります。

一般的には柴犬というと赤色が思い出されますが、最近では黒色の柴犬も人気です。

黒柴の特徴的なものは、麻呂ののようなお公家様を思い出させる公家眉ですね。眉以外に首の下、胸元、足先にも同じ色が入ります。他の色の柴犬にも薄く見られる個体がいますが、黒柴の場合は特にはっきりと色が分かれています。

性格の違いは個体差はありますが、特別に他の色の柴犬と変わりません。

 

柴犬のしつけと黒柴まとめ

 

今回はしつけと黒柴についてでしたが、躾に関しては他の犬種同様に甘やかしすぎず、メリハリをつけて良い事・ダメな事を幼い頃から教えていきたいですね。古くから日本人と生活をしてきた賢い犬なので信頼関係が上手く構築されたら最良のパートナーとなること間違いなしです。ベタベタした関係ではなく良い意味での距離を保つ柴犬は、洋犬の多くなった昨今で日本人好みの日本犬なのかもしれません。

また、柴犬を迎え入れようと検討される際は黒柴も候補に入れてみては いかがでしょうか。

 

柴犬の性格や寿命、歴史から特徴・飼い方などはこちらをクリックしてみたください。

賢い【芝犬】の性格や寿命を知ってみよう

    日本古来からの犬種『柴犬』。日本犬なので日本人には親しみやすく昔から番犬として活躍していました。最近では豆柴が流行し外国原産の洋犬よりも人気があります。ツンデレが特徴的な愛らしい柴犬 ...

続きを見る

 

 

-柴犬
-, ,

© 2021 PET LIFE Powered by AFFINGER5